広告

小松菜のグリーンスムージー辛くて飲めないよ〜

グリーンスムージーを作った友人から、質問ありました。

友人「グリーンスムージー美味しく作るコツを見て、甘みと酸味のフルーツを組み合わせて、作ったけれど、辛くて飲めなかったよ。なんで?」

私「葉っぱは、何を使ったの?」

友人「小松菜」

私「あー、私も、グリーンスムージーを始めたばかりのころ、辛くて涙…の経験しましたよー」

小松菜や水菜などのアブラナ科の葉野菜は、辛み成分ある

小松菜や水菜は、冬が旬の葉っぱで、夏になると、辛み成分が多くなります。辛み成分は、茎の部分に多いので、夏は、茎をとり除いて、葉っぱのみをいれると、辛みは、落ち着きます。残った茎は、味噌汁などに入れています。

私は、残った茎を取っておくのがめんどくさいのと、できるだけ旬の葉っぱを使いたいので、夏の時期は、小松菜や水菜の使用頻度を落としています。小松菜も水菜も、1年中売っているので、冬が旬って、グリーンスムージーを始めるまで知りませんでした。

夏が旬の葉っぱ

夏が旬の葉っぱは、

空芯菜、おかひじき、モロヘイヤは、グリーンスムージーに入れても、クセがないので、フルーツのお味をそのまま楽しめちゃいます!  夏は、辛いかもと心配して小松菜を使うより、旬の葉っぱをメインに、ローテーションしています。幅ひろい栄養素を豊富にとり入れるために、同じ葉っぱだけ続かないようには心がけています。

今日は、桃にプラムにおかひじきで、桃の甘~いかおりにうっとりのグリーンスムージー!この組み合わせ、夏のお気に入りです。

広告

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。





広告

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ