広告

『勝間式超ロジカル料理』勝間和代著 お気にいりレシピは「塩だけ低温スープ」旨味たっぷり

  • ブックマーク
勝間式超ロジカル料理

旨味たっぷりの塩だけスープ

勝間式超ロジカル料理』勝間和代著 には、18のレシピが載っています。その中でも、何度も作っているのが、「塩だけ低温スープ」です。
スープは、具材からででくる旨味がたっぷりで、おかわりをしてしまいます。

旨味は、甘み、苦味、酸味、塩味と並ぶ味覚の一つで、料理の出来を左右する重要な要素です。
その旨味成分の代表的な2つが「グルタミン酸」と「イノシン酸」で、きのこには前者が、肉には後者が豊富です。
このスープでは、両方使っているので、相乗効果でおいしくならないわけがありません。だから味付けは塩だけでOKです。

私は、以前から、勝間さんのロジカルクッキングの真似をして、低温調理と0.6%の塩分を実践してきました。
だから、今までも、70度30分の低温調理で、0.6%の塩分のきのこ汁とか作っていました。
でも、具材の組み合わせって、あんまり意識してなかったのです。きのこだけよりも、肉ときのこが合わさると、さらに旨味がグーンとアップしてホント美味しいのです。

ホットクックで作る低温スープレシピ

材料

  • 肉 100g
  • しいたけ 6個
  • 小松菜 1/2袋
  • 水 具材と同量
  • 塩 総量に対して、0.6%

塩は、勝間さんのオススメしている「能登 わじまの海塩」を使いました。

 

豚肉としいたけと小松菜

作り方

  • 材料をきる。しいたけは薄切り、小松菜はざく切り、肉は2cm幅にきる。
  • ホットクックのうち鍋をはかりにのせて、ゼロリセットする。
  • ホットクックのうち鍋に切った材料を入れる。
  • ホットクックで塩スープ

  • 切った材料と同量のお湯を加える。
  • 総重量の0.6%の塩を加える。
  • ホットクックの手動で、80度で20分加熱する。

ホットクックで塩スープ

近所のスーパーで簡単に手に入る材料を切って、ホットクックのスタートボタンを押すだけで、こんなに旨味たっぷりのスープが出来上がるのは、嬉しいです。

 

広告

こちらの記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。

ヘルシオで豚肉をソフト蒸し(低温蒸し)すると、豚しゃぶサラダが簡単にできる。ジューシーでやわらかい。

玄米ご飯を炊く時に、アマランサス、キヌア、はと麦、小豆、黒豆を一緒に炊いています。

低温蒸し(ソフト蒸し)で冷蔵庫の野菜をヘルシオで調理。70度蒸しは、栄養そのまま美味しさ3倍!

 

広告

  • ブックマーク

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ