広告

ぶどうとなしのグリーンスムージーレシピ

秋のフルーツといえば、なしとぶとう!! 今朝は、秋を感じるグリーンスムージーを作りました。

  • ぶどう 1房 (皮ごと種付きのままでok)
  • なし  1個 (ヘタを取り、皮ごと種付きのままでok)
  • レモン 1/2個 (皮をむき、種をすべて取る)
  • サラダほうれん草 1袋
  • 水  1カップ

さらっとして、口あたりの良い出来上がり。
フルーツの組み合わせによって、出来上がりが、とろっとした食感、さらっとした食感と、いろいろな出来上がりになって、面白いですよねー

グリーンスムージー、「とろっ」とした食感と「さらっ」とした食感の違いを決めるのは?

フルーツが、水溶性繊維を多く含むか、不溶性繊維を多く含むかで、食感は決まります。

水溶性繊維を多く含むフルーツをたくさん使うと、クリーミーなとろっとした食感のスムージーになります。

  • バナナ、
  • 洋梨、
  • 柿、
  • 桃、
  • いちぢく、
  • フルーベリー

不溶性繊維を多く含むフルーツをたくさん使うと、あっさりしてさらっとした食感のスムージーになります。

  • りんご、
  • なし、
  • みかん、
  • グレープフルーツ、
  • スイカ、
  • ぶどう

今朝のグリーンスムージーは、全部が不溶性繊維を多く含むフルーツだったので、さらっとしてあっさりした食感のスムージーになりました。
もし、ぶどう、なし、レモンのうち、ぶとうをバナナに代えて、バナナ、なし、レモンとすると、水溶性繊維と不溶性繊維のフルーツ混ざるので、食感は、変わってきます。

 

水溶性繊維のフルーツ、不溶性繊維のフルーツを使った時のそれぞれのコツ

水溶性繊維を多く含むフルーツばかりを使う時は、濃度が濃くなりやすいので、水を少し多めに加えるのがコツです。
不溶性繊維を多く含むフルーツばかりを使う時は、時間が経つと分離しますが、容器をよく振れば、問題ありません。もし、すぐに、分離してしまう時は、バナナなどの水溶性繊維のフルーツを足しています。

広告

とろっとした食感とさらっとした食感どちらがお好み?

2つの食物繊維の性質の違いを意識して作ると、その時の体調や気分に合わせて作ることできます。
例えば、スポーツ後や食欲のないときは、さらっとしたスムージー、お腹が空いている時のおやつには、満腹感の高いとろっとしたスムージーと、使い分けできます。

食感を決めるフルーツの組み合わせと同時に、味を決めるフルーツの組み合わせも合わせて考えると、
その時飲みたいお気に入りのグリーンスムージーできちゃいます。

 


広告

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ