枝豆といえば、山形県庄内地方のだだちゃ豆がお気に入りです。だだちゃ豆は、味が濃くて、食べ始めたら、止まらなくなるのです。
今年も、3kgのだだちゃ豆をいただきました。
あなたは、枝豆を茹でる時って、どうしていますか?

だだちゃ豆の茹で方の説明書をみると、豆の量の3倍量のお湯に塩を入れ、沸騰させて、豆を茹でるとあります。
去年までは、この説明書の通りに、3つの鍋にお湯を沸騰させて、汗をかきながら茹ででいました。

今年は、この茹でる手間をヘルシオにお任せしてみようと試してみました。

天板に枝豆を並べる。いただいた豆を天板に敷き詰めるだけ敷き詰めてみました。
500gでいっぱいになりました。塩をパラパラと振ります。

枝豆をヘルシオで茹でる
ヘルシオの水タンクに水を入れて、枝豆の自動ボタンを選択して押すだけです。

ヘルシオ枝豆ボタン

 

ヘルシオが蒸す時間は約20分です。ボタンを押すだけで枝豆が茹で上がりました。

いやー楽チンです。お湯を沸騰させて、枝豆を入れて、鍋の前につきっきりになって、茹でなくてもいいんです。汗も書きません。ヘルシオが過熱している間、台所にいなくてもいいから、ゴミを捨てにいったり、洗濯物を干したりと、他の雑用が片付いてしまいます。

おゆき
天板に枝豆を敷き詰めて、ヘルシオの枝豆のボタンを押して20分

こちらの記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

 





この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ