広告

ホットクック かぼちゃのシチューレシピ 勝間和代さんのヘルシオ教室

勝間さん

食事の用意にかけるのは、5分〜10分、あとは、ヘルシオやホットクックがやってくれますから、おまかせです。

材料

  • 鶏もも肉 1枚
  • 玉ねぎ 1個
  • かぼちゃ 1/4個 
  • にんじん 1本
  • しめじ 1/2パック
  • 小麦粉 具材の総量の3%
  • 牛乳 具材の総量の20%
  • 水 具材の総量の20%
  • 塩 具材と牛乳と水の総量に対して0.6%
  • オリーブオイル 大さじ1
勝間さん

材料は鶏肉と玉ねぎはあったほうがいいと思いますが、例えば、人参がなかったらないでOK、無理に揃えなくても大丈夫。

レシピ

材料を1口大に切る。

勝間さん

包丁は、上下に動かさずに、30度斜めに入れて前後に動かす、そうすると断面がきれいに切れるので、玉ねぎ切っても涙がでない。

正しい包丁の使い方をすれば、かぼちゃも豆腐のように切れます。

おゆき
おゆき

30度斜めに入れて前後に包丁を動かしながら、玉ねぎを切ると、涙が出ないわ

勝間さん

ホットクックのかき混ぜは、大雑把なんです。例えるとしたら、力が強い男性が中を見ずにグルグルかき混ぜているイメージ。だから、材料を丁寧に切って、材料が煮崩れないようにします。

内鍋に鶏肉、玉ねぎ、かぼちゃ、にんじん、をいれる。重さを量る。

具材の重さの3%の小麦粉を入れる。

内鍋を振って、小麦粉が全体になじむようにする。

3%の小麦粉って多い感じしますけれど、このくらい入れないととろみが出ないんですよね。

シャープのレシピでは、ビニール袋に入れて、小麦粉をまぶすとありますが、内鍋を回転させるように振れば、混ざります。

勝間さん

塩の分量は、具材と水と牛乳の合計重量の0.6%です。1000gに対して6g

ですね。

内鍋に水と塩とオリーブオイルを加えて、本体にセットする。

混ぜ技ユニットをセットする。

メニュー クリームシチューでスタートする。

40分後くらいに途中で、「食材を加えてください」とお知らせがあるので、ホットクックを開けて、予め量っていた牛乳を加えてスタートを押す。

勝間さん

最初に牛乳を入れてしまうと、爆発させるので、牛乳は最後に入れるを気をつけてください。

出来上がりです。

おゆき

かぼちゃの甘みを感じるシチューです。野菜数種類と肉が入っているので、これ一皿で栄養もバッチリ摂れるのもいいですね。

勝間さんオススメのオリーブオイルは、エグレヒオです。

勝間さん

オリーブオイルコンテストで入賞したもので、入手しやすいのがこのエグレヒオです。オリーブオイルは市販の半分が偽物と言われています。

勝間さんオススメの塩は、わじまの海塩です。低温乾燥していて、旨味が損なわないで残っているそうです。カリウム、マグネシウムなどが入っています。

はかりは、0,1g単位まで、量れるものが便利です。

ホットクックは、KN-HW 24Gを使っています。

こちらの記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

広告

この記事を書いた人

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ