ロマネスコ初対面

オイシックスの箱を開けると、黄緑で、個々の蕾が規則正しい螺旋をした円錐の野菜が、目に飛び込んできました。
幾何学模様が、まるで、アート作品のようです。
おたのしみベジフル980として入っていた野菜でした。おもいがけず、ロマネスコと初対面となりました。

おたのしみベジフルとは、オイシックスによると、

旬の野菜や珍しい西洋野菜、おいしいフルーツとの出会いを増やせるお得な福袋
350円480円980円の3ラインナップ

届くまで、何が入っているかわからないのです。開けてみてのお楽しみです。

調理する前に、ロマネスコをググってみると?

wikipediaによると、カリフラワーの一種。
クックパッドで、ロマネスコを検索すると、サラダがズラリと並んでいました。

ふむふむ、カリフラワーのような感じで、調理すればいいのね。

いよいよ、ロマネスコ、初調理

平山 一政さんの本 70℃蒸しによると、

カリフラワーは、85度15分

ヘルシオに入れて、85度15分ソフト蒸ししてみました。

もともと低温蒸しをしたくて、ヘルシオ購入したくらいですから。

その話は、70度蒸しの野菜を食べたくて、ヘルシオ購入しました。トマト、かぼちゃ、豆もやしを低温蒸しをしてみたら?栄養そのまま美味しさ3倍! にまとめました。

 

ロマネスコ低温蒸し

 

待つこと15分、ロマネスコをかじってみると、コリコリした食感で、味は淡白です。

一緒に届いたマッシュルンといためて、マッシュルンのうまみをロマネスコに移して、食べようとひらめきました。
マッシュルンは、マッシュルームの石づきを集めたもので、うまみが凝縮されています。マッシュルームのうまみは、しいたけの3倍とどこかで読みました。もともと、マッシュルンとベーコンと玉ねぎのいためものは、大好きなんです。

マッシュルン

マッシュルンとベーコンと玉ねぎといためて、ソフト蒸ししたロマネスコを投入。塩で、味付けしました。
いつもの炒めものに、黄緑が入って、彩り鮮やかになりました。

マッシュルンとベーコンと玉ねぎの炒め物

 

わたしの初ロマネスコ調理体験でした。

こちらの記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ