広告

A さん
納豆の容器を捨てるのは、面倒なのよね。容器を洗って乾かしてから、プラごみの袋に入れるのが手間だわ。すぐにポイッと捨てたいよね?
おゆき
あっ、私は、洗っていないよ。
A さん
えっ?そのままプラごみの袋に捨てているの?
おゆき
違うよ。私は、プラ容器に入った納豆を買わないの。紙で包まれた納豆を食べているよ。だから、その紙を家庭ごみの袋にポイッと捨ておしまい。
A さん
えっ?紙に入っているの?
おゆき
そうだよ。私は川口納豆を食べているけれど、紙に包まれているの。食べたら、家庭ゴミの袋にそのままポイッと捨てられるから、ラクチンよ。

川口納豆

川口納豆

A さん
それは、ラクチンだね。食べた後に、洗う手間と乾かす空間がいらなくなるのは、うれしいわ。その紙に包まれた納豆 川口納豆はスーパーに売っているの?
おゆき
どこでも売っているよ。生協でも、イオンでも、西友でも、手に入るわ。
そういえば、京都に住んでいる人が、わざわざ川口納豆をお取り寄せしているとFacebookで見たことがあるの。
宮城県の人しか食べないと思っていたから、送料をかけて購入していることにびっくりしたよ。納豆の始祖村松博士製法とかに、価値を見出しているらしい

川口納豆

A さん
へーそうなんだね。私は、おとりよせしなくても、試してみることができるね。今日の帰りに、スーパーによってみるわ。
おゆき
あとね、タレがついていないのもいいの。自分で、塩か醤油で味付けできるから。一袋が90g入りだから、0.5gの塩を入れて食べることが多いわ。
A さん
あっ私も、タレは使わないから、それもうれしいわ。

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ