広告

きのこは70℃30分加熱 栄養そのままおいしさ3倍

本『毎日がおいしい 70℃蒸し 著者平山一政』には、きのこは70℃30分で加熱するとうまみが引き出せると書いてありました。

しいたけを 70℃で蒸すと、含まれるグアニル酸は、100℃で蒸したときの3倍になり、アワビのようなうまみたっぷりのおいしさになります。

この一文を読んでから、きのこ汁を作るときは、70℃30分で作っています。

 

 

低温調理のきのこ汁レシピ

まいたけ、しいたけ、ひらたけ、を一口大に切る。きのこはなんでもいいのですが、ちょうど冷蔵庫にあった材料を使います。

まいたけ、しいたけ、ひらたけ

象印圧力IHなべの内なべにきのこと水を入れる。

材料の重さを測る。内なべは979gなので、2486-979g=1507g
味噌を材料の5%の75g測っておく。

象印圧力IH鍋できのこ汁

象印圧力IHなべに内なべをセットする。温度調理で70℃30分を選択して、スタートボタンを押す。

象印圧力IH鍋

食べる直前に100℃2分加熱する。

味噌を入れてといて出来あがり。

低温調理のきのこ汁

きのこ汁は、低温調理でじっくり加熱すれば、うまみたっぷり、栄養たっぷり、美味しさ3倍になります。

広告

こちらの記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。

 

 

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ