「他の人から受け取るものはすべて、情報である。その情報をどう処理するかはそれぞれの選択である」
という声。選択理論を学んでから、日常生活で、先生の声がふっと思い浮かぶ場面があります。
つい先日も、食料品を購入する時に、レジで、ふっとこの声を思い出しました。

食料品を購入したお店で、店員さんの予想外の行動

いつも食料品を購入しているお店のレジでは、店員さんが、買い物カゴの商品をレジでピッとした後、そのまま袋に詰めてくれるのです。他のスーパーのように、精算が終了してから自分で袋詰めをしなくてもよいので、精算終了と同時にそのまますぐ帰れます。だから、レジのそばに、自分で袋づめをするスペースはありません。

先日いつものように買い物をした時のことです。
店員さんが、
「あっちのサービスカウンターの脇で、商品を袋に入れてください」
と言いながら、私に商品の入った買い物カゴをズズッと押し出したのです。

私は、びっくりして、
「あんな遠い所まで、わざわざこの重いカゴを運んで、袋に詰めるの?」
と答えました。
隣のレジを見ると、右のレジも、左のレジも、いつもどおり店員さんがドンドン詰めています。

選択理論を学ぶ前の私なら、
「なんで私だけこんな扱いなの?」と、店員にさんに怒り、「あの店員さんのせいで、ムカッとして、私は気分が悪い」となっていたと思います。
きっと、気分を悪くしたまま、帰ったことでしょう。

選択理論を学んでいた私に、この時、
「他の人から受け取るものはすべて、情報である。その情報をどう処理するかはそれぞれの選択である」
の声が思い浮かびました。

この場面では「この店員さんは、私の購入した商品を袋に入れなかった」という情報があるだけです。その情報をどう処理するかは、私が選択できるのです。

おゆき
「店員さんが、商品を袋に入れる客と入れない客とを区別する基準は、なんですか?」

店員さん
「今は、レジが混雑しているので、お客さまご自身で袋詰めをやっていただくようにお願いしています」

おゆき
「そうなんですね。右のレジも左のレジも混雑しているけれども、どちらも、店員さんが商品を袋に入れています。あなたの対応と他の店員さんの対応は、どうして違うのですか?」

店員さん
 「私は、レジの回転を上げたいので、お客さまに袋詰めをお願いしています」

おゆき
「なるほど。であれば、客がレジに並ぶ時に、どちらか選択できるとありがたいです。例えば、このレジは客がセルフで袋に入れる、あちらのレジは店員さんが袋に入れるというように、客が並ぶ前にわかるといいです。このお店で、何度も購入していますけれども、いつも、レジで商品をピッとしたら、そのまますぐ袋に入れてくれるので、効率がいいと思っていました。今回のような対応は、初めてで、びっくりしました。」

店員さん
 「すいません、混んでいるので、早くするにはどうしたらいいかと考えて、袋に詰めずにやってみました」

店員さんは、混雑しているレジの時間短縮のために、商品を袋に入れないで、回転数をあげようと考えていたことがわかりました。もしかすると、時間当たりのレジ打ちに関しては、他の店員さんよりも、適応力があるのかもしれないと思いました。客の満足度は、別として。

他の人から受け取るものはすべて、情報である。

今回の買い物では、私は「予想外の店員さんの行動」を「店員さんが私の購入した商品を袋に入れなかった」という情報として受け止めました。
情報そのものは、私の気分を良くしたり、気分を悪くしたりはしません。
その情報にどんな解釈をするかで、気分が良くなったり、悪くなったりするのです。

選択理論を学ぶ前の私なら、
「店員さんは商品を袋に入れてくれるはずなのに、入れてくれなかった。他の客は入れてもらっているので不愉快だ」
と感じて、
「あの店員さんが、私を怒らせた」と気分を悪くしていたと思います。
物事が思い通りにいかない時に、気分が悪いのを他の人のせいにしがちでした。

選択理論を学んでいた私は、
「他の人から受け取るものはすべて情報である」
に、意識を向けるようになりました。
「店員さんが私の購入した商品を袋に入れなかった」と情報として捉えると、その情報を受け取るのも受け取らないのも、私の選択です。
今回は、情報を受け取って、相手に確かめました。
そうすると、受け取った情報に対して、自分で勝手に解釈をして、私の気分が良くなったり悪くなったりすることがなくなります。

もちろん、情報を受け取らないで、商品を袋に入れてくださいと伝える選択もできます。

物事が思い通りにいかない時に、
「他の人から受け取るものはすべて、情報である。その情報をどう処理するかはそれぞれの選択である」
を意識すると、感情的にならないで賢明な行動を選択できるのです。

最近は、自分の思い通りにいかないことがあると、むしろ「これはブログのネタに使えるな」と、ニヤッとしてしまいます。情報ですからね。

 

こちらの記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。


この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ