広告

ホットクック使いこなし料理教室で習ったことを復習して、作ってみました。
まずは、使いこなしているお二人が作っていたものの真似からです。

鶏肉と大根の煮物 勝間和代さんレシピ

  1. 大根をいちょう切りに切る。
  2.  鶏モモ肉を切る。私は、切るのが面倒なのでカットされている鶏モモ肉を購入しました。
  3. 1と2を鍋に入れ、ヒタヒタになるくらいの出汁を入れる。
  4. 鍋ごと重さを計る。鍋の重さを引いて、材料の重さを出す。
  5. 材料の0.7%の塩分になるよう醤油を入れる。うちの醤油は、醤油大さじ1=食塩2.4gで計算しています。
  6. ホットクックのメニュー番号2-1を選択して、スタートボタンを押す。
  7. 出来上がりまで、35分と表示。

お料理教室では、水400ccに茅乃舎の出汁1パックを入れていましたが、私は、水出しをしていた出汁があったので、それをヒタヒタに入れました。
勝間さんは、かね七天然出汁の素パックを使っているそうです。

 

鶏肉とセロリの蒸しもの 安東美紀子さんレシピ

ホットクック 鶏肉のセロリの蒸し物

 

  1. ナベにセロリを敷く。
  2. 鳥モモ肉をセロリの上に載せる。
  3.  生姜、ニンニク、みじん切りを載せる。
  4. 鍋ごと重さを計る。鍋の重さを引いて、材料の重さを出す。
  5. 材料の0.7%の塩分になるよう醤油を入れる。うちの醤油は、醤油大さじ1=食塩2.4gで計算しています。
  6.  醤油と同量の砂糖を入れる。
  7. ホッとクックの蒸し10分を選択して、スタートボタンを押す。

お料理教室では、鳥モモ肉を切らずに入れていましたが、私は、カットされている鶏モモ肉を購入して、そのまま入れました。セロリの葉っぱ部分は、火が通り過ぎないほうがいいかなと思い、蒸している途中で、入れてみました。

ホットクック鶏肉とセロリ

広告

 

どちらの料理も、材料を切って、0.7%の塩分になるよう味付けをしたら、あとは、ホットクックにお任せです。加熱の部分をほっといていいのは、とても楽チンです。別の作業ができます。

また、味付けは、総材料の0.7%の塩分にするだけなので、材料が、中途半端に残らないのです。例えば、〇〇のレシピ通りに作ろうと思ったら、大根などもそのレシピの分量に合わせてカットするから、中途半端に大根が残ったりします。この総材料の0.7%の塩分だと、今ある材料を使い切るので、冷蔵庫もすっきりします。

こちらの記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。


広告

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ