広告

ホットクックを購入してから、欠かさず購入する野菜は?

ホットクックを購入してから、いつも冷蔵庫にストックをしておく野菜は、トマトです。

トマトと水分の多い野菜を数種類合わせて、0.6%の塩を加えて、ホットクックに入れるだけで、簡単にスープができます。水を全然加えなくても、野菜から水分がたっぷりと出てきます。この水分は、野菜の旨味がギュッと濃縮されていて、いくらでも食べられます。野菜を丸ごといただく感じです。

トマトと冷蔵庫にある残り野菜を一緒にホットクックに放り込んでしまえば、冷蔵庫もスッキリ片付きます。

ホットクックで、野菜の旨味がギュッと濃縮されたトマトスープ

今朝、冷蔵庫にある野菜はこちらです。

  • トマト
  • セロリ
  • 玉ねぎ
  • パプリカ
  • しめじ
  • エリンギ

トマトセロリ玉ねぎパプリカしめじエリンギ

野菜を適当に切って、内鍋にドンドン入れます。入れるときは、どの材料がどのくらいの量とか考えずに、ホントあるものを適当に入れています。
写真のように、冷蔵庫にある野菜たちを出してきたけれども、今回は、エリンギを入れる前に鍋がいっぱいになったので、エリンギは、冷蔵庫にもどしました。この大雑把な感じが好きです。

今朝は、別にホットクックで蒸していた青大豆も加えました。

青大豆

 

内鍋がいっぱいになったら、全材料の重さをはかります。

全材料の重さの0.6%の塩を加えます。

自動メニューの1-3 (かき混ぜあり無水20分)でスタートします。

ほったらかしで、トマトスープの出来上がりです。水を入れていないのに、野菜からこんなに水分が出てきました。

ホットクックでトマトのスープ

広告

今日は、サーモスの真空断熱スープジャーにいれて、お仕事に持っていきました。お昼に熱々のスープを食べています。

サーモスのスープジャー

 

ホットクックに、トマトと冷蔵庫にある残り野菜を加えてスタートするだけで、野菜の旨味を味わえるスープができます。

こちらの記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。

 


広告

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ