広告

A さん
おゆきちゃんは、洗濯の時に、洗剤は何を使っているの? 普段のお掃除も、クエン酸とか重曹を使っているから、何を使っているのかなと思って
おゆき
私は、『バジャン』という洗剤を使っているよ。バジャンの説明文には、次のように書かれているわ。

『バジャン』は「重曹水」を電気分解するという、まったく新しい発想から開発された洗浄剤です。
界面活性剤ゼロで、イオンで汚れを落とす洗濯洗浄剤です。
洗浄液の中でメダカが泳げるほど安全。だからデリケートなお肌の方にも、安心してお使いいただけます。
界面活性剤のほか、「漂白剤」「蛍光漂白剤」「柔軟剤」「香料」「りん酸塩」も無添加。

A さん
へー、メダカが泳げるって、そんな洗剤があるのか。
実際に使って、汚れは落ちはどうかしら?
おゆき
白いシャツの襟とか、合成洗剤だと黄ばんでくるでしょ。でもね、バジャンで洗濯していると、白いままなのよ。
ドイツの調査機関フレセナス研究所による厳格な洗浄料比較試験で、大手メーカーの洗剤を上回る高い評価を獲得したと書いてあったけど、私も実感しているわ。
A さん
なるほど。汚れ落ちがいいのなら、使うよね。
洗剤の匂いはどうなの?
おゆき
無臭だよ。私は、合成洗剤の香りが好きではないので、無臭というのも気に入っているの。
バジャンの説明文には、次のように書かれているわ。

バジャンの主成分である重曹は洗浄作用の他に、イヤなにおいを吸い取る消臭作用も持っています。だからほとんど無臭です。抜群の洗浄力と消臭作用で部屋干ししてもイヤな臭いがありません。

A さん
そうか、重曹だから、消臭作用もあるのか。
おゆき
無臭なの
A さん
柔軟剤は、使うの?
おゆき
使わないよ。洗濯物がゴワゴワになったりしないから、いらないわ。説明文にも書いてあるわ

柔軟剤無しで仕上がりふんわり。
ほとんどの柔軟剤は「陽イオン系の界面活性剤」で繊維をコーティングしていることをご存知ですか?『バジャン』は界面活性剤ゼロなので、繊維本来の弾力性、柔軟性、吸水性を損なうことが少なく、生成りの自然なやわらかさが実感できます。

A さん
へー柔軟剤がなくてもいいのはいいね。
おゆき
柔軟剤いらないだけでなく、すすぎも1回でいいのよ。通常の洗濯標準コースまたは洗い時間12分、溜めすすぎ1回(5分)が理想と書かれていたわ。水と時間が節約できるわ。
A さん
おーそうなのか。汚れは落ちるし、すすぎは1回でいいし、柔軟剤はいらないし、なかなか良さそうね。
デメリットは、ないの?
おゆき
粉が細かくいので、舞い上がることがあるので、洗剤を入れるときに、気をつけることかな。
あとね、合成洗剤と比べると値段が高いのよ。
A さん
いくらくらいするの?
おゆき
1.2キロで、1600円くらいしたかな?
A さん
高いけど、メリットが上回ったということね。
おゆき
洗濯機を買い替えたとき、おまけで合成洗剤をもらったのね。久しぶりに合成洗剤を使って、香りが苦手だと思ったの。バジャンは無臭なのがとても気に入っているし、すすぎが1回でいいし、汚れも落ちるしで、気に入って使い続けているわ。

市販の化粧水もクリームもやめました。

界面活性剤が入っている市販のシャンプーも使わずに、湯シャンしています。

広告

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ