広告

化粧水をやめて3ヶ月 基礎化粧品はなくても大丈夫と実感 肌断食で天然自家保湿因子が復活

  • ブックマーク
化粧品を使わず美肌になる!
A さん
おゆきちゃん、化粧水をやめたの続いている? それとも、以前の手作りの化粧水に戻った?
おゆき
化粧水をやめたのが日常になったわ。『美容常識の9割はウソ』を読んだのが、3月だから3カ月続いているね。
A さん
おー! 肌断食成功おめでとう! 3カ月も化粧水をつけないって、乾燥して困ることないの?
おゆき
うん、今は乾燥して困ることはないよ。毎日の化粧水やオイルをやめるとその時間もいらないから、特に朝は楽チンよ。
A さん
今は乾燥しないということは、最初は、乾燥したの? クリームとかオイルとかをつけた?
おゆき
最初は、ごま1粒分の白色ワセリンつけたよ。
A さん
白色ワセリン? おゆきちゃん、マカデミアナッツオイルとか使っていなかったっけ?
おゆき
あのね、宇津木龍一さんの本『化粧品を使わず美肌になる』も読んだのね。
そこに、こんな記載があったのよ。

界面活性剤が入っているクリームよりは、オイルの方がマシですが、オイル焼けで肌がくすみます。
オイルを塗ると表皮のターンオーバーが遅れ、薄く不健康な肌になります。しかも時間とともにオイルが参加して炎症をまねき、シミのもとであるメラニンが増えてしまいます。
かさつきが、気になる部分には、白色ワセリンを塗ります。

おゆき
それで、白色ワセリンを実践してみたってわけ
A さん
へーそうなんだね。白色ワセリンって、酸化しないのかな?
おゆき
本には、次のように書いてあったよ。

白色ワセリンは、肌内部に浸透しにくく、空気にふれても酸化しにくいため、肌バリアを破壊しにくいという特徴があります。
傷ややけどの患部を保護するために皮膚科でもよく使われています。

A さん
なるほど、オイルよりは、良さそうね。でも、ごま1粒分の白色ワセリンって、どうやって顔に塗るのかしら?
おゆき
綿棒で、ごま1粒分の白色ワセリンをとって、両手のひらをこすりあわせて、ワセリンを手になじませて、乾燥しているところに押しづけするのよ。手のひらでそっと押し当てる感じ。
物足りなく感じる量がちょうどいいって、本に書いてあったしね。
A さん
へー、そうなんだね。最初は、ごま1粒分のワセリンをつけていたけれど、今は、そのワセリンもいらなくなったのね。
おゆき
うん、最近はワセリンもいらないね。徳用サイズのワセリンを購入したのに、なかなか減らない。肌断食で天然自家保湿因子が復活した感じがするわ。そして、何も基礎化粧品をしないのは、楽チンだよ。以前ノーファンデーションにしたときにも、朝とても楽だなと思ったけれど、今は、化粧水やオイルなどの基礎化粧品もやめたから、ホントその時間もかからない。最近は、出勤の時も日焼け止めクリームも塗らない。
A さん
えっ? 毎日の出勤の時も日焼け止めクリームをやめたの? 日焼けに気を使っているおゆきちゃんが?
おゆき
うん、日焼け止めについては、本にこんな記載があったよ。

1日15分以下の日差しなら、日焼け止めは必要ありません。15分以上日にあたる場合も、日傘や帽子などを使えば紫外線をカットできます。
日焼け止めを毎日塗り続ければ、肌が乾燥しメラニンの増加でシミ、くすみをまねくおそれがあります。

A さん
へー、そうなんだね。
おゆきちゃんは、自転車に乗る時でも、手袋とサンバイザーで完全防備だものね。
歩く時は、日傘さをしているしね。
おゆき
ほら、落合博子さんの本 『美容常識の9割はウソ』 を読んでから、なるべく肌を触りたくないのよ。日焼け止めを塗るときに、肌にさわるでしょ。
A さん
あー確かにね。塗るということは、肌に触れるわけだからね。
おゆき
ノーファンデーションで、さらに基礎化粧品もやめたら、ホント、肌にさわる機会が減ったわよ。
肌に必要なのは、純石鹸と白色ワセリンのみだから、洗面所もスッキリするわよ。
A さん
あはは、それはいいね。化粧品メーカーの化粧水から美容液からクリームまで揃えることを考えたら、お金もかからないね。ところで、確か、宇津木龍一さんって、おゆきちゃんが、シャンプーをやめるきっかけになった本を書いた人だよね。
おゆき
そうそう、湯シャンのきっかけは、本『シャンプーをやめると髪が増える』を読んだから。どちらの本も、『美容常識の9割はウソ』も『シャンプーをやめると髪が増える』も、著者は医師だから信頼できそうだしね。
A さん
まだ、湯シャンも続いているの?
おゆき
うん、湯シャンも続いているよ。週に1回くらいシャンプーを使うかなって感じ。
A さん
おゆきちゃん、毎日の生活で必需品と思って使っていたものがドンドン減っていっているよね。
おゆき
うん、おかげで、以前より、髪も肌も調子がいいわ。

化粧水をやめたのは、美容常識の9割はウソを読んだのがきっかけ

白髪染も化学染料の入っていないヘナに変えたら、痒みがなくなった。

シャンプーをやめて、湯シャンにしたのは、本『シャンプーをやめると髪が増える』を読んだのがきっかけ

広告

  • ブックマーク

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ