広告

柑橘のチアシードジュレと生甘酒ソルベ  暑い日にピッタリのロースイーツ

  • ブックマーク

ロースイーツワークショップで、柑橘のチアシードジュレと生甘酒ソルベを習ったら、早速作ってみたくなりました。

柑橘のチアシードジュレ材料

  • チアシード 大さじ1
  • 水 大さじ3
  • 晩柑(グレープフルーツでもOK)1個
  • 生はちみつ 小さじ1
  • バジル
  • レモングラス
  • ミント

ワークショップでは、ハーブを3種類を使っていましたが、1種類でもOKだそうです。
和の風味にしたかったら、大葉などもオススメだそうです。

うちには、ちょうど、晩柑とミントとチアシードがあったので、作ってみました。

柑橘のチアシードジュレ作り方

チアシード大さじ1に水大さじ3を入れます。

チアシード

1時間経つと、チアシードが水分を含んで、プルプルとしたジュレ状になります。

チアシードジェル状

 

晩柑の皮と薄皮をむきます。

河内晩柑

果肉感を残すか残さないかで、晩柑の実をそのまま使うかピューレにするか選びます。
ワークショップでは、晩柑の¼をピューレにしていました。

私は、晩柑の半分をピューレにして、半分を果肉のままにしてみました。

晩柑のピューレは、ミキサーに晩柑の実とミント数枚とはちみつ小さじ1を入れて回すだけです。

ミルサーで晩柑をピューレに

できた晩柑のピューレです。

晩柑のピューレ

チアシードを加えて混ぜます。

晩柑にチアシードを混ぜる

柑橘のチアシードジュレ

 

その上に、晩柑の実を飾りました。

柑橘とチアシードのジュレ

 

柑橘のチアシードジュレは、ミントのさわやかな香りと晩柑の酸味で暑い日にぴったりのロースイーツです。

ワークショップでは、この柑橘のチアシードジュレの上に、生甘酒のソルベを載せていました。

広告

生甘酒のソルベの材料と作り方

材料

  • 生甘酒 300ml
  • レモン 1/2個

作り方

  • 生甘酒を凍らせます。
  • レモンの皮と種をとります。
  • 凍った生甘酒とレモンをミキサーに入れて回します。

広告

暑い日にぴったりのロースイーツ

私は、生甘酒を凍らせていなかったので、柑橘のチアシードジュレだけで食べてみました。ミントの爽やかな香りと晩柑の酸味が、暑い日にぴったりのロースイーツでした。

暑くて食欲のない時でも、のどごしがいいので、ペロッと食べられそうです。

 

甘酒の作り方は、こちら

 

広告

  • ブックマーク

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ