広告

怒りを手放せる私に

私の怒りを手放せるようになった体験談が本に載りました。

本『選択理論心理学に出会って私はこう変わった 12人の手記』に「選択理論を学んで、怒りを手放せる私に」のタイトルで載っています。

選択理論を学んでも、問題や悩みがなくなるわけではありません。でも、学ぶことで、問題や悩みにどう対処してどう行動を選択するかという指針を得られたと思います。学ぶ前は、自分がコントロールできない他人や過去にフォーカスしていたから、怒り行動を選択してストレスを抱えていたのだと気づきました。

選択理論は、人がいかに動機付けられ、人がいかに物事を認知して、人がいかに行動するか、脳の仕組みから説明した心理学です。

人がどう行動するかが理解できるようになり、行動の仕組みを知るとセルフコントロールに生かすことができるようになりました。
自分がコントロールできることと、できないことを整理して、自分がコントロールできることにフォーカスするようになったのです。
日常生活のいろいろな場面で、ロールプレイのフレーズが、ふっと頭に浮かんできて、選択理論を実践できたと実感します。

 

12人はどう変化したのか

12人の体験談は、赤裸々な描写があり涙したり笑ったりしました。みんな自分の行動を変える選択をして、良い方向に舵をきっています。

選択理論に出会って私はこう変わった

もし、ご興味があれば、手にとってみてください。
冊子ご希望の方はリアリティーセラピー協会 から購入できます。

広告

選択理論を日常生活で実践

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ