広告

ぐるはす(水蓮菜) オイシックスのおたのしみベジフル 炒めてシャキシャキ食感を楽しむ

  • ブックマーク
ぐるはす (水蓮菜)

箱を開けると、グルグルとまるまった長い茎みたいな野菜が目に飛び込んできました。

おゆき
これは、何? 
おゆき
茎だけ?
おゆき
どうやって食べるの?

袋を開けてグルグルをほどいてみると、1mくらいの長さがありました。

グルグル巻いてあるからか「ぐるはす(水蓮菜)」という名前がついています。

オイシックスのおたのしみベジフルに入っていました。おたのしみベジフルとは、旬をむかえた野菜がおまかせで届くセットです。
近所のスーパーでは売っていない珍しい野菜と出会えるのが楽しみで、購入しています。過去には、あわび茸とかロマネスコとか、おたのしみベジフルで出会いました。

今回のぐるはす(水蓮菜)も、初めての出会いです。

どうやって食べらたいいのかわからないので、オススメの食べ方の通りにしました。

オイシックスの説明文

ぐるはす(水蓮菜)は水の中で栽培される野菜で、台湾では炒め物として食卓や屋台に登場します。
食べやすい大きさに切って、油とニンニク、鷹の爪や生姜と炒め、少量の塩や醤油を振っていただくと、シャキシャキとした食感と旨味を味わえます。
食感を残すため、火を通しすぎないことがポイントです。

ぐるはす(水蓮菜)をハサミでカットしました。

水蓮菜 (ぐるはす)

ニンニク、鷹の爪、生姜、香りが出るまで炒めました。

ニンニク、 生姜、 鷹の爪

ぐるはすを加えて、サッと炒め、総量の0.6%の塩を入れました。

水蓮菜

ぐるはす(水蓮菜)を初めて、口に入れてみました。

クセがなく、シャキシャキとした食感で、あっという間にたいらげました。

こちらの記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。

黒あわびたけ コリコリの食感 

ロマネスコを蒸してみた





広告

  • ブックマーク

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ