広告

ホットクックでかぼちゃのポタージュレシピ ロジカルクッキング 

  • ブックマーク
ホットクックでかぼちゃのポタージュ

勝間和代さんのホットクック料理教室で習った中で一番よく作るのが、かぼちゃのポタージュです。ホットクックで作るメリットは、あとでミキサーにかけなくてもいいことです。加熱しながらかき混ぜてくれるので、かぼちゃのかたまりはなくなっているのです。材料を切って、スタートボタンを押すだけで食べられるのが楽チンです。

かぼちゃのポタージュの材料 ロジカルクッキング

  • かぼちゃ
  • 玉ねぎ
  • 豆乳 かぼちゃと玉ねぎの重量の1/2
  • 水 かぼちゃと玉ねぎの重量の1/2
  • 塩 全材料の重さの0.6%

ロジカルクッキングだと、そのとき冷蔵庫にある材料に合わせて、塩の量を測るので無駄に材料が余らないのでいいです。本のレシピ通りに材料をそろえて作ろうとすると、材料が微妙に余ったりするのがいやでした。塩を全材料の0.6%とするだけでいいので、かぼちゃが1個だろうと、1/4個だろうと、好きな量で作れます。中途半端に材料を余らせることがありません。

塩は、勝間さんのオススメの能登わじまの海塩を使っています。

ホットクックでかぼちゃのポタージュレシピ

かぼちゃと玉ねぎを切って、ホットクックのうち鍋へいれます。

かぼちゃと玉ねぎの重さを測ります。

かぼちゃのポタージュ ホットクック

材料の重さの半分の重さの水を入れます。今回は材料をうち鍋ごと測ると1655gなので、1655からうち鍋の重さ888gを引いて、かぼちゃと玉ねぎの重さは767gでした。そのだいたい半分の380gの水を入れました。

総重量の0.6%の塩を測ります。かぼちゃと玉ねぎの重さ+豆乳の重さ+水の重さを足して、その0.6%の塩を入れます。今回は、かぼちゃとたまねぎの重さの2倍の0.6%と計算して、767gx2x0.006=9.2gの塩を入れました。

ロジカルクッキング かぼちゃのポタージュ

ホットクックの自動メニュー かぼちゃのポタージュを選択して、スタートボタンを押します。私の使っているホットクックKN-HT24Bは、自動メニュー1-6です。セットすると、40分と表示されます。

ホットクックでポタージュ

スタートして、残り時間が6分になると音がなり、加えるの表示になります。蓋を開けて、水と同じ重さの豆乳をうち鍋に加えてスタートボタンを押します。

ホットクックでかぼちゃのポタージュ

これで出来上がりです。

鍋で作っていたときは、このあとにミキサーにかけていましたけれど、ホットクックで作るとミキサーなしでもすぐに食べられます。少し粒が残る感じですが、かぼちゃのかたまりはなくなっているので、気になりません。

ホームベーカリーで焼いた全粒粉のパンとこのかぼちゃのポタージュの組み合わせ好きです。

広告

  • ブックマーク

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ