広告

勝間和代さんの本 2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム を読みました。

本を読んだら、何か一つ行動におとすことを心がけています。

まず行動したことは

洗面器を捨てました。

洗面器は、お風呂場に置いてあるのがあたりまえで、捨てるという発想すら、ありませんでした。

  • 洗面器2個、置いてあるのに、確かに、ほとんど使っていない。
  • 風呂場床を掃除するたびに、洗面器をよける手間がかかる。
  • 洗面器置いてあるところは、汚れがたまりやすい。

捨てて、どうだったか?

洗面器なくても、全然困らない。床も見えて、広くなって、すっきりしました。

いや~お風呂場のお掃除が楽です !

なんだか、快適です。

追加して、お風呂場の椅子も、処分しました。

あっ、勝間さんのように、お風呂のフタは、まだ、捨てていません

ものがなくなると、掃除が楽になるを実感したら、なんだか他の場所もやりたくなってきました。

広告

掃除が楽になるといえば、

ルンバをかけるたびに、座椅子やゴミ箱を移動するのが面倒でした。床の上のものを無くしたい!

座椅子も、置いてあるのに、ほとんど使っていない。

洗面器と同じね~と、処分決定です。

ゴミ箱も、ほとんど使わないものとよく使うものとあることに気づきまして、ほとんど使わない3こを処分しました。

ルンバをかけるたびに、移動していた座椅子やゴミ箱なくなったら毎日、ルンバを動かすのが楽になりました。

捨ててみたら、ほんと、掃除がしやすくなり、いい感じです。

さて、次は、どこの場所をやろうかな?

広告

この記事を書いた人

おゆき

おゆき

仙台在住のおゆき です。
心の健康、体の健康を実践しています。

心の健康については、選択理論心理学を毎日生かしています。2012年より学び続けて、2015年選択理論心理士になりました。

体の健康については、グリーンスムージーを2011年より毎日飲んでいます。2013年にグリーンスムージーマスターを取得しました。

心の健康と体の健康を維持して、気持ち良く毎日過ごしています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ